Just another WordPress site

宇野昌磨のジャンプは着氷が低いから美しくない?プレロテも酷い?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
初めまして、管理人であるピスキスと申します。 この度は、訪問して頂き、誠にありがとうございます。 このサイトでは、主に、私個人が気になった事を記載しています(主にスポーツや芸能人、行事など)を面白い記事になる様に書いていきます‼ 私、管理人は日々面白いネタを提供敵る様に目標としております。毎日更新を目標に、頑張りますので、よろしくお願いします‼

 

フィギュアスケート選手として活躍している宇野昌磨選手。

 

宇野選手と言えば、平昌五輪出場が決まり、日本男性フィギュア界でも
注目されている選手の一人でありますが、

 

そんな宇野選手のジャンプについて、ネット上では様々な声が出ています‼
そこで今回は以下の点を、キーワードに調べてみました。

・宇野昌磨選手とは

宇野昌磨選手とは、どの様な人物なのか、
宇野選手について詳しく知らない人は、
まずは、プロフィールを見て確認下さい↓

 

本名: 宇野昌磨

 

生年月日: 1997年12月17日

 

出生地: 愛知県名古屋市

 

身長: 159㎝

 

体重: 54㎏

 

コーチ: 山田満知子、樋口美穂子

 

振付師: 樋口美穂子、ステファン・ランビエール等

 

所属クラブ: トヨタ自動車

 

憧れの選手: 高橋大輔

 

血液型: B型

 

好きな食べ物: 白米、肉、ミルクティー

 

嫌いな食べ物: 野菜

以上がプロフィールとなっています。

 

そんな宇野選手にも苦手なモノがあるそうで、
野菜嫌いという事で有名な宇野選手であるそうです・

 

ですが、最近は頑張って野菜嫌いを克服するために、
頑張って摂取しようと色々と考えているそうです。
偏食だったのですね( ゚д゚)

 

また、宇野選手の学歴については、以下の様になってます。

 

名古屋市立冨士中学校

 

中京大学附属中京高等学校

 

中高大学スポーツ科学部へ入学

以上の様になっています。

 

宇野選手がフィギュアスケートを始めた理由は、
フィギュアスケート選手として活躍してしていた
浅田真央さんに声を掛けられたのがきっかけだったそうです‼

 

宇野選手が5歳の時に、たまたまスケート場で滑っていたところを、
浅田さんに声を掛けられて、そこからフィギュアスケートを始めたそうです。

 

もし、その場に浅田さんが居なかったら、今頃は
全く別の人生を歩んでいたのかもしれませんね。

 

浅田さんは、宇野選手のセンスを見抜いて声を掛けたと
言う事なのでしょうかね?流石ですね‼

・成績は?

宇野選手の戦績について、
年別ごとに別けると以下の様になってます↓

 

2009-2010シーズン 全日本ノービス選手権優勝

 

2011-2012シーズン 世界ジュニア選手権10位に

 

2013-2014シーズン カルデナスプリング杯初優勝

 

2014-2015シーズン 全日本ジュニア選手権初優勝

 

2015-2016シーズン エリック・ポンパール杯初優勝

 

2016-2017シーズン 全日本選手権初優勝

 

2017-2018シーズン ロンバルディア杯優勝、2連覇達成

・・・これは、一部だけ結果を表示をしていますが、
調べれば、もっと素晴らしい成績を収めています。

 

宇野選手は5種類の4回転ジャンプと6種類の3回転ジャンプを跳ぶ事ができ、
過去の大会で4回転フリップ、4回転ループ、4回転サルコウを成功させてます。

 

4回転ルッツも成功させていますが、ルッツは苦手としており、
過去に厳しい判定をされた事があったそうですが、
現在は少しずつ克服していると思われます。

 

最も得意としているのはフリップであり、フリップからの
コンビネーションジャンプを得意としており、
このコンビネーションジャンプにて、様々な大会を勝ち抜いてきました。

 

また、ステップとスピンの技術力は、プロの中でも群を抜いており、
現役時代のステファン・ランビエール選手並みと言われております。

 

ステファン・ランビエール選手と言えば、現役時代は様々な大会で優勝し、
引退後も高橋大輔選手の振り付けをしていた人物であります。

 

宇野選手もステファン選手に負けずに頑張って欲しいですね‼

・ジャンプの着氷が低い?

ネット上では、宇野選手のジャンプが他の選手より低いのに対し、
何故、点数が高いのかと話題にもなっていますが、

 

実は、宇野選手の身長が関係しています。羽生結弦選手や田中刑事選手などは
身長が高いために、4回転を飛ぶと高く飛んでいる様に見えますが、

 

一方で、宇野選手は他の選手より、身長が低いがために、どうしても
着氷が低くなってしまう為に、ネット上からも、批判的な声が出ています。

 

身長って、そう簡単に伸ばせるものではないですし、
伸ばせるんだったら、私が伸ばしたくらいです!( ゚Д゚)

 

また、身長が関係しているせいか、チートジャンプ(ずるいジャンプ)や
プレロテが酷い(回転不足)、グリ降り(回転が足りてないのに、着氷した途端に
回転をしてごまかす)ことをしていると言われています。

 

ですが‼ジャッジと言う、信頼できるプロの方が判断していますので、
嫌いだから、気に食わないからという理由で、色々と文句を言うのは、
どうなのでしょうかね?

 

確かに選手によっては、回転数がイマイチな選手もいますが、
ジャッジが下した判断が全てですので、ジャッジがインチキをしていたら
していたで、処分されるのがオチですからね。

 

また、宇野選手は過去にジャッジから、ジャンプについて注意された事があり、
特にルッツに関して厳しく注意されましたので、指摘が無いと言う事は、修正したと
言う事ではないでしょうか?

 

仮に、宇野選手のジャンプに反則の疑いがあれば、それはそれで
減点扱いにもなりますので、全てはジャッジ次第であると思います。

・海外からも批判的な声が出てる?

海外からも批判的な声が出ており、ジャンプに欠点があると言われてます。

 

海外からも、プレロテが多い、回転不足を見逃しているなどと言う声があり、
宇野選手をトップへ挙げる為の出来レースを用意していると言う声まで出てます。

 

・・・仮に本当だとしたら、いずれ真実が公に出て、宇野選手は生涯、
汚名を背負う事になりますし、羽生結弦選手も宇野選手がジャンプの練習を
ストイックに行い、癖を必死に直している事を語っています

 

どのスポーツでもジャッジが全てですので、もし本当に問題があるのなら、
メディアや週刊誌で話題となっていますが、特に話題にもなっていないので、
アンチの妬みであると思います。

・まとめ

・宇野昌磨選手のジャンプが他の選手たちより着氷が低いと
言われているが、身長が他の選手たちより低いため、仕方ないと
思われる。 

・宇野選手のジャンプについて、ネット上や海外からも酷いや、
跳び方が汚い、出来レースなどと言われているが、ジャッジが
判定しているので、正当であると思われる。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました‼
次回もよろしくお願いします‼

この記事を書いている人 - WRITER -
初めまして、管理人であるピスキスと申します。 この度は、訪問して頂き、誠にありがとうございます。 このサイトでは、主に、私個人が気になった事を記載しています(主にスポーツや芸能人、行事など)を面白い記事になる様に書いていきます‼ 私、管理人は日々面白いネタを提供敵る様に目標としております。毎日更新を目標に、頑張りますので、よろしくお願いします‼

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ゆったりと情報チェック& , 2018 All Rights Reserved.